現代の社会においてこれだけ車が発達したのはなぜでしょうか。原因を見てみましょう。

たくさんある中古車から納得の一台を探す!
たくさんある中古車から納得の一台を探す!

今の時代に車は一人一台?

私たちの周りには車があふれています。
一昔であれば車はお金持ちが乗るものとして知られていました。
一家に一台どころか、エンジン付きの三輪車を所有していればいいほうで、車などとても手の届かないものだったのです。
ところが今はどうでしょうか。
皆さんもご存知の通り、逆の現象になっています。
つまり、一家に一台どころか、一家族に二台、三台とあり、家族によっては一人一台持っている家族もいるほどです。
なぜこれほど変化したのでしょうか。
一つには経済成長があると言えるでしょう。
経済的に裕福になったことによって、より豊かな暮らしができるようになったのです。
さらに加えて、技術の発達によってより性能のいい車を数多く生産することができるようになり、庶民でも手の届く車を生産することができるようになったことも要因の一つということができるかもしれません。
たとえば、その一例をあげるのであればビートルなどをあげることができます。
安い価格で提供できるように設計され、一般庶民に対して売り出されたのです。
日本であればカローラなどをあげることができるかもしれません。
このように、たくさんの車が生産され、売り出されることによってさらに大きな現象が生じることになります。
中古車業界の発達です。
新しい車種が出るごとに多くの人がそれに飛びつき、今まで乗っていた車がいらなくなるのです。
そうすると、今度はさらに安い値段でその車を手に入れることができる、つまりさらに多くの人が安く車を手に入れることができるようになるのです。
このようにして、今の日本は多くの車を所有する国になったのです。
日本の中古車は非常に質がいいとされているのをご存知でしょうか。
日本車の中古は質が保障されているゆえに海外でも人気があるのです。
ですから、海外へ出回る車も少なくありません。
このように、新しい車と古い車が入れかわってゆくのです。
どんなに新しい車が登場してもあふれないわけです。